湘南大西会

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年1月7日 江ノ島神社 初詣 ウォーキングと新年会

<<   作成日時 : 2017/01/11 11:30   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

開けましておめでとうございます。

新年会 計画  月日 1月7日 土曜日

@ウォーキング江の島方面

  集合 小田急藤沢駅改札前10時各自軽食ご用意下さい

A新年会「居酒屋えこひいき」15時〜

忘年会実施と同じビルの2階

  会費4000円 参加10名

画像



当日は快晴で無風 絶好の日和でした

 小田急 藤沢駅から 江ノ島駅まで 電車でGo





小田急 江ノ島駅から 徒歩で江ノ島へ

江ノ島 紹介 http://www.s-n-p.jp/enoshima/

 web内の地図より

画像


江の島 面積:0.38 km²

江の島は、神奈川県藤沢市にある湘南海岸から相模湾へと突き出た陸繋島。

また、同島全体を指した地名。片瀬地区に属する。

現行行政町名としては江の島一丁目と江の島二丁目があり、全域が住居表示実施地域。

郵便番号は251-0036。




江ノ島神社 初詣

http://www8.plala.or.jp/daisho/kamakura/hatumoude-enosima.htm

webから引用させていただきました

江の島は、古代より霊地として信仰を集めてきた島です。

 1182年(寿永元年)には、源頼朝によって弁財天が勧請されています。

 江戸時代になると大山と江の島の二所詣が盛んに行われていました。

 かつて「江の島に男女で参拝すると別れる」といわれたようですが、

これは旅先での開放感に浸りたい旅人が、保土ヶ谷宿などで遊興するために、

女性同伴を嫌ったことから生まれた噂のようです。

 岩屋の真上にある恋人の丘は、恋愛のパワースポットです。

かつての江島神社は、神仏習合の与願寺という寺院でしたが、

明治の神仏分離によって江島神社と呼ばれるようになります。

 江島神社は、辺津宮・中津宮・奥津宮からなります。

奥津宮の鳥居は源頼朝の寄進と伝えられています。

 奉安殿の「八臂弁財天」と裸弁財天として知られる「妙音弁財天」は、

日本三大弁財天の一つ。


江の島シーキャンドル(展望灯台)

 http://enoshima-seacandle.jp/seacandle/

webから引用させていただきました

江の島サムエル・コッキング苑 施設情報

江の島展望台  マイアミビーチ

コッキング温室遺構

ウィンザー広場  タイミンチク(天然記念物)

昆明広場(春澤園)  松本館



湘南のシンボルとして親しまれる江の島シーキャンドル(展望灯台)は、

2002年の江ノ電開業100周年事業の一環として、【景観・自然への配慮】

・【公共的な利用価値の追求】・【地域の観光振興】を基本コンセプトに建設され、

2003年4月29日にリニューアルオープンしました。

江の島サムエル・コッキング苑

明治時代の英国人貿易商「サムエル・コッキング」に由来した和洋折衷で南国ムード溢れる植物園。

江の島サムエル・コッキング苑では、四季折々様々な花や植物をお楽しみ頂けます。

画像


庭園では たくさんの色と種類のチューリップが非常にきれいでした

 ここで 恒例の集合写真

画像


画像


展望台に昇って

快晴で展望台データ

避雷針頂上部高さ 59.8m(海抜119.6m)

灯台部高さ    46.8m(海抜106.6m)

光達距離     46km ※民間灯台としては国内最大級

展望台フロア高さ 41.75m(海抜101.56m)

主要構造     鉄骨造

画像


快晴では周囲 のランドマークや東京スカイツリー 富士山がはっきり見えました

画像


画像


画像


展望台の下のデッキで 昼食

小学校4年生の団体さんが賑わしく元気で遊んでいました

画像


画像



江の島 岩屋 -えのしま いわや 散策 アップダウンの階段があり体力を消耗いたしましたが

景色がきれいで 疲れも癒されました

昔の記憶からかなりリニューアルされて 安全できれいでした

http://www.enoshima-navi.com/enoshima-kanko/iwaya.html

http://www.fujisawa-kanko.jp/spot/enoshimaiwaya.html

webから引用させていただきました

長い歳月を経て波の浸食でできた岩屋は、第一岩屋(奥行152m)と第二岩屋(奥行56m)から成ります。

昭和46年以来、長期閉鎖されていましたが、周辺施設を一新し、平成5年4月から再開されています。

古くから信仰の対象にもされてきた岩屋。弘法大師が訪れた際には弁財天がその姿を現し、

また源頼朝が戦勝祈願に訪れたとも言われています。照明や音響で演出された洞内では、

様々な展示物から江の島が歩んできた歴史と文化の一端をご覧いただけます。

また、全長128mのオープンスペースからは相模湾とその向こうに広がる

富士・箱根・伊豆方面の景観が一望でき、開放感をご満悦いただけるでしょう。

画像


画像



岩屋散策で 江ノ島めぐりは終わり 新年会会場へGo

おいしいお酒をいただけました。


画像


画像


灯台もと暗しといいますが 身近な江ノ島散策 楽しく 過ごさせていただきました、

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年1月7日 江ノ島神社 初詣 ウォーキングと新年会 湘南大西会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる